在宅フリーランスというのは、自宅に居ながらにしてフリーでさまざまな仕事をしていくスタイルのことを指します。
インターネットの発達によって、こういったタイプの働き方を選択する人の数が増えてきているのです。
ネットがあれば、メールなどで意思の伝達もスムーズに行えますし、チャットなどで打ち合わせをすることも可能なのです。
データの受け渡しにはファイル共有サイトなどが利用されていて、テキストファイルはもちろん、他にも音声ファイルや絵のデータまで遠隔地に送ることができるようになっています。

自宅で作業をすると、仕事に行くためにわざわざ準備をしたり、長々と交通に時間を割かなくてもよくなります。その分、仕事をしている時間を増やすことができるので合理的です。
お金もかかりませんし、休憩をしたいときにできるのでストレスも溜まりにくいです。
出不精の人にとっては、最高の働き方であるということができます。

納期さえ守っているのならば、仕事をいつ始めていつ終わらせるかも自由です。
必ずしも昼に起きていなければならないというものでもありません。
クリエイティブ系の人などは夜型タイプが多くなっています。

主婦や学生でも、このように在宅で仕事をしている人がいます。
フリーランスなら、自分で好きなだけ仕事を取ってくることができますから、忙しさもコントロールできるのです。一日少しだけ働いて稼ぐという人もいて、それぞれの人に合った働き方が生まれているのです。
フリーエンジニアのための在宅でのお仕事について、詳しく記載されているサイトを見つけました。こちらの【フリーエンジニアに捧ぐ、在宅案件調査サイト】を参考にするといいでしょう。