在宅勤務はIT企業にもメリットがある

近年のトレンドとして、オフィスにいなくてもできる職種の人に対し、在宅で仕事をできるような措置をとるというものがある。
IT系の仕事においてはパソコン等の作業用の機械が一台あれば、必ずしもオフィスに全員が集まらなくても仕事ができるというものも多く、プログラマやエンジニアは特にその代表格として在宅勤務が原則化されている企業すらある。

こういった措置がとられている場合にもメールやチャット、テレビ電話等を用いていつでもコミュニケーションをとることは可能であり、情報共有についても円滑に行うことが可能である。
このようなシステムを企業として取り入れることのメリットとして、大きなオフィススペースを確保する必要がないという点がある。
特に、ベンチャー企業ではオフィススペースを借りて事業を立ち上げることが多く、仕事が軌道に乗って収益が上げられるようになるまでは、その賃貸料が大きな負担となりがちである。
そういったコストの削減を行うことができることが重要な点である。

それに加えて、少数精鋭で運営されている企業では、いつ誰がどこにいても連絡の取り方が統一されているため、かえって円滑にコミュニケーションを行えるというメリットもある。
在宅勤務しているエンジニアとも、外回りに出ている営業担当とも、オンラインでコンタクトをとる約束になっていれば、連絡を密にすることが容易なのである。
オフィス勤務を原則としないことで、小規模の会社はかえって運営しやすくさえあるのである。

また、在宅で仕事をするフリーランスは、自由な時間を手に入れることができるというのも挙げられる。
企業勤めと在宅勤務、フリーランス、さて、どの働き方が自分にあっているのかエンジニアはよく考えて選択すべきである。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です