在宅フリーランスの短所と長所

自宅でも仕事ができるフリーランスという働き方ですが、在宅で仕事ができることで通勤時間を使うことがなくなります。
本来通勤するための時間を仕事にあてることもできて、その分仕事を増やすことも可能です。
通勤時間も1日ではたいしたことがなくても、1ヶ月、1年と時が経つにつれて大きな時間の差となっていきます。

そして、自宅で仕事ができるので子育て中でも仕事がしやすいといえるでしょう。
会社などに勤めていると保育所を探さないといけなということも多いでしょう。
しかし、自宅でフリーランスで働く場合は、大変ではありますが家で子供の面倒を見ながら働くということも可能になってきます。
このように、自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができるというのは、フリーランスの強みだといってもいいでしょう。

また、フリーで仕事をしていても名刺を用意しますが、その名刺に自宅住所を書くのは気になるということもあるかもしれません。
しかし、名刺に住所を書かないと信用という意味でもよくないといえるでしょう。
そんなときは、バーチャルオフィスなどを借りるという方法もあり、その住所を明記するという方法もあります。ただ、バーチャルオフィスだと分かると、少し信用が落ちるということもあります。
そのあたりは仕事をしていく上で判断する必要があるといえます。

在宅で仕事をしていると、仕事とプライベートが分けにくいということも起こってきますので、自分に合うかどうかをよく考えてから、自宅での仕事を選択するといいでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です